▶ 本当に使える格安SIMランキング ◀

moto g24を安く買う方法|MNP乗り換えで一括1円のチャンス!

moto g24を安く買う方法

こんにちは!スマートフォンを新しく購入しようと考えている皆さん、「moto g24」を安く手に入れたいとお考えでしょうか?この記事では、そんな皆さんに向けて、moto g24を最安値で購入する方法やお得なキャンペーン情報を詳しくご紹介します。特に、LIBMOの端末セットキャンペーンや他の格安SIMキャリアの割引情報を中心に、どこでどのように買えば一番お得なのかを徹底解説していきます。

賢くお得にmoto g24を手に入れる方法を見ていきましょう!

この記事のポイント
  • のキャンペーンでmoto g24を最安値で購入する方法
  • MNP乗り換え時に利用できる各キャリアの割引情報
  • 格安SIMキャリアごとのmoto g24の販売価格の比較
  • 各キャリアの注意点や利用時のメリットとデメリット
Motorola
¥18,550 (2024/07/23 09:21時点 | Amazon調べ)

moto g24の最安値・キャンペーン情報

moto g24を最安値で購入できるのはの端末セットキャンペーンです。他社からMNPで乗り換えると端末代金が20,000円割引になります。キャンペーンについての詳細は公式サイトでご確認ください。

moto g24が一括1円!!!

LIBMO スマホ大特価セール

が期間限定の端末セットキャンペーンを実施中!!

LIBMOスマホセール_2406

なっとくプラン契約でスマホ大特価

  • 対象スマホが最大2万円割引
  • 一括1円スマホで気軽にスマホデビュー!
  • 安い料金プランで維持費の負担軽減

契約プランによって割引額が変わるので詳細は公式サイトで確認してください。

※キャンペーンは予告なく終了することがあります

\ 期間限定の大特価セール /

リンク先:

タップできるもくじ

moto g24を安く買う方法

moto g24の最安値はです。MNP乗り換えなら一括1円で購入できます

キャリア販売価格
1円(MNP乗り換え)
1,980円(MNP乗り換え)
19,800円
20,680円
19,800円
QTモバイル21,120円

LIBMO

LIBMOは、特にコストパフォーマンスを重視する方におすすめの格安SIMサービスです。まず、LIBMOの最大の特徴は、スマホ端末をセットで購入することで大幅な割引を受けられる点です。例えば、「moto g24」をLIBMOの音声通話機能付きSIMと一緒に契約すると、MNP(他社からの乗り換え)の場合、一括1円で購入できます。この価格は非常に魅力的ですよね。

LIBMOのプランも多彩で、自分に合ったデータ容量を選ぶことができます。例えば、3GBの「なっとくプラン」から30GBの大容量プランまで幅広く揃っています。月額料金も比較的リーズナブルで、使い方に応じたプランを選ぶことで、通信費を抑えられるのが嬉しいところです。

ただし、LIBMOの注意点としては、キャンペーン適用条件があることです。例えば、MNPでの乗り換えが条件であったり、特定のプランに新規申し込みする必要があったりします。これらの条件をしっかり確認してから申し込みましょう。また、分割払いを選択した場合、クレジットカードによる支払いが必要であり、分割手数料がかかる場合もありますので注意が必要です。

LIBMO スマホ大特価セール

が期間限定の端末セットキャンペーンを実施中!!

LIBMOスマホセール_2406

なっとくプラン契約でスマホ大特価

  • 対象スマホが最大2万円割引
  • 一括1円スマホで気軽にスマホデビュー!
  • 安い料金プランで維持費の負担軽減

契約プランによって割引額が変わるので詳細は公式サイトで確認してください。

※キャンペーンは予告なく終了することがあります

\ 期間限定の大特価セール /

リンク先:

IIJmio

IIJmioは、通信速度とサービスの安定性に定評がある格安SIMサービスです。特に、IIJmioは多くのキャンペーンを実施しており、新規契約やMNPでの乗り換え時に大きな割引が適用されることが多いです。例えば、「moto g24」をIIJmioの音声通話機能付きSIMと一緒に契約すると、MNPの場合、一括1,980円で購入することができます。これも非常にお得な価格設定ですよね。

IIJmioのプランはシンプルで、データ容量ごとに選べるため、自分にぴったりのプランが見つかりやすいです。例えば、2GBから50GBまでのデータプランがあり、月額料金も競争力があります。また、家族でデータをシェアできるファミリープランも提供しているので、家族全員でコストを抑えたい方にも適しています。

一方、IIJmioのデメリットとしては、キャンペーンの適用条件がやや複雑な点があります。特に、期間限定のキャンペーンが多いため、常に最新の情報をチェックしておく必要があります。また、初期費用やSIMカード発行手数料がかかる場合もありますので、これらの費用も考慮して契約を検討しましょう。

LIBMOと同様に、IIJmioもクレジットカードによる支払いが基本となります。分割払いを選択する場合は、手数料が発生することがありますので、支払い方法についてもしっかり確認することが重要です。

このように、LIBMOとIIJmioそれぞれにメリットとデメリットがあり、自分のニーズに合ったサービスを選ぶことが大切です。しっかり比較検討して、お得に「moto g24」を手に入れてくださいね。

IIJmio セール【9/2まで】

が期間限定のサマーキャンペーンを実施中!!

IIJmioセール_2406

他社からMNP乗り換え&端末一括購入で大特価

  • 対象スマホが特別価格で110円〜
  • 50機種以上の豊富なラインナップ
  • タブレットやウェアラブルデバイスも!

2024年9月2日までの期間限定セールです。

※人気機種は在庫切れになるのでご注意ください

\ 期間限定の大特価セール /

リンク先:

mineo

mineoは、柔軟なプラン設定とユニークなサービスで人気の格安SIMプロバイダーです。まず、mineoの特徴は、プランの多様性です。データ通信量や通信速度に応じてプランを選べるため、自分の使用状況に最適なプランを見つけやすいですよ。例えば、「マイそく」プランでは、通信速度を抑えることで月額料金を大幅に低く設定しています。最安の「スーパーライト」コースは月額250円から利用できるので、コストを重視する方には魅力的です。

mineoのもう一つの魅力は、ユーザー同士がデータをシェアできる「パケット放題」サービスです。このサービスを利用すれば、データ通信量が足りなくなったときも、他のユーザーからデータを分けてもらえるので安心ですね。また、mineo独自のアプリ「mineoスイッチ」を使うことで、簡単にデータ節約モードに切り替えることができます。これにより、日常的なデータ使用量をさらに抑えることが可能です。

ただし、mineoのデメリットとしては、キャンペーンの適用条件が細かい点があります。例えば、特定の期間中に新規契約やMNPでの乗り換えを行わなければならないことが多く、条件を満たさないと割引が適用されないこともあります。また、通信速度が混雑時に低下することがあるため、使用する時間帯によってはストレスを感じるかもしれません。

mineoは、価格重視のユーザーや、データ通信量を柔軟に管理したい方におすすめのプロバイダーです。しっかりと自身の使用状況を見極め、最適なプランを選ぶことで、大きなコスト削減が期待できますよ。

イオンモバイル

イオンモバイルは、全国展開しているイオンの店舗で手軽に契約できる格安SIMサービスです。イオンモバイルの特徴は、シンプルでわかりやすい料金プランです。例えば、1GBから50GBまで幅広いデータプランが用意されており、自分の使用状況に合わせて選ぶことができます。特に、少量データプランは月額528円からと非常にリーズナブルで、ライトユーザーには最適です。

イオンモバイルのメリットとして挙げられるのは、豊富な店舗サポートです。全国のイオン店舗で対面サポートを受けられるため、初めて格安SIMを利用する方でも安心して契約できます。また、店舗での即日開通が可能なので、急いでスマホを使いたい場合にも便利ですよね。

ただし、イオンモバイルには注意点もあります。例えば、店舗でのサポートは便利ですが、オンライン申し込みに比べて手続きに時間がかかることがあります。また、キャンペーンや割引が他の格安SIMプロバイダーと比べて少ないため、最安値を狙う場合は他のプロバイダーと比較することをおすすめします。

イオンモバイルは、サポート重視のユーザーや、実店舗での手続きを好む方にとって非常に便利なサービスです。豊富なプランと安心のサポート体制で、自分に合った通信環境を手に入れてくださいね。

NUROモバイル

NUROモバイルは、高速通信と大容量データプランを提供することで知られる格安SIMサービスです。まず、NUROモバイルの魅力はその通信速度です。NUROモバイルはソニーネットワークコミュニケーションズが提供するサービスで、通信速度が安定していると評判です。動画視聴やオンラインゲームを楽しむユーザーにはぴったりですよ。

NUROモバイルのもう一つの特徴は、さまざまなキャッシュバックキャンペーンです。例えば、新規契約やMNP乗り換えで大きなキャッシュバックを受けられることが多いです。現在のキャンペーンでは、NEOプランWにMNP乗り換えで最大16,000円のキャッシュバックが適用されます。これにより、実質的な負担が大幅に軽減されますね。

ただし、NUROモバイルのデメリットとしては、利用開始月にのみキャッシュバックが適用される点です。キャッシュバックを受け取るためには、指定されたプランを一定期間利用する必要があります。さらに、5G通信に対応していないプランもあるため、5G対応が必要な方は注意が必要です。

NUROモバイルは、高速通信を求めるユーザーや、キャッシュバックキャンペーンを活用してコストを抑えたい方に最適なプロバイダーです。しっかりと条件を確認して、お得に契約を進めてくださいね。

QTモバイル

QTモバイルは、九州電力グループが提供する格安SIMサービスで、地域密着型のサポートが特徴です。まず、QTモバイルの最大の魅力は、データ+通話コース契約時のキャッシュバックキャンペーンです。例えば、2024年8月31日までにMNP乗り換えをすると、10,000円のキャッシュバックが受けられます。この特典により、実質的な費用を大幅に抑えられます。

QTモバイルは、プランの柔軟性も優れています。例えば、2GBのデータプランから20GBの大容量プランまで選ぶことができ、自分の使用状況に合わせて最適なプランを選択できます。また、九州電力の電気サービスを利用している場合、さらに割引を受けることができるので、九州地域にお住まいの方には特にお得です。

一方、QTモバイルの注意点としては、月額料金が他の格安SIMと比較してやや高めに設定されていることがあります。また、キャッシュバックを受けるためには、クーポンコードの入力や特定の条件を満たす必要があるため、手続きが少し煩雑に感じるかもしれません。

QTモバイルは、九州地域にお住まいの方や、地域密着型のサポートを重視する方におすすめのプロバイダーです。豊富なプランとキャッシュバックキャンペーンを活用して、自分に合った通信環境を手に入れてくださいね。

中古はどう?

中古のスマートフォンを購入することには、いくつかのメリットとデメリットがあります。まず、最大のメリットは価格です。新品に比べて中古は安く購入できるため、予算を抑えたい方にとって魅力的です。特にmoto g24のような人気モデルでも、状態の良い中古品を見つけることができれば、新品同様に使えますよ。

中古市場では、にこスマやイオシスなどの信頼できるショップを利用すると安心です。これらのショップは、厳しい検品基準を設けており、品質に対する信頼性が高いです。さらに、購入後のサポートも充実しており、保証期間が設けられているため、万が一のトラブル時にも対応してもらえます。

ショップ名特徴
にこスマ価格が安く、詳細な状態評価と保証期間が設定されている。買取サービスも提供。
イオシス豊富な在庫と詳細な商品説明。定期的なセールと迅速な配送。全商品に一定期間の保証が付く。
じゃんぱら中古品の豊富な品揃えと厳しい品質チェック。店舗ごとの価格差があり、複数店舗の比較が可能。高価買取サービスも提供。
GEOオンラインストア豊富な在庫と定期的なセール。ポイント還元や割引クーポンが充実。買取サービスも提供し、迅速な配送が特徴。

一方で、中古品にはいくつかの注意点もあります。まず、外観や内部の状態が新品と比べて劣る場合があります。また、保証期間が新品に比べて短いことが多く、故障時の対応に不安を感じる方もいるかもしれません。さらに、中古品は在庫状況が日々変動するため、欲しいタイミングで手に入らない可能性もあります。

中古スマホを選ぶ際は、信頼できるショップで購入することが重要です。しっかりと商品の状態を確認し、保証内容を把握しておくことで、安心して購入することができます。中古品を賢く選べば、コストを抑えながらも高品質なスマートフォンを手に入れることができますよ。

moto g24を安く買う方法の注意点

スマホを安く買う注意点
  • 基本スペックのおさらい
  • レビュー動画をチェック
  • 端末補償を安くする方法

基本スペック

安く買う方法がわかったら、購入前にmoto g24のスペックをおさらいしておきましょう。

項目詳細
製品名moto g24
サイズ74.53 x 163.49 x 7.99 mm
重量181 g
ディスプレイ6.6インチ HD+ (1,612 x 720ドット) 90Hz
CPUMediaTek Helio G85 オクタコア (2.0GHz x 2 + 1.7GHz x 6)
RAM8GB
ROM128GB
メインカメラ50MP + 2MP マクロカメラ
SIMスロットnanoSIM x 2
おサイフケータイ無効
防水等級IP52 (防滴程度)
防塵等級IP52 (防塵程度)
対応バンドLTE:B1/2/3/5/7/8/18/19/20/26/28/38/40/41 3G:B1/2/5/8 GSM:850/900/1800/1900MHz
発売日2024年3月22日
OSアップデート保証期間2年間
セキュリティアップデート保証期間3年間
通常価格19,800円(税込)

主要キャリアすべてに対応していますが、5Gには非対応なのでご注意ください。

レビュー動画からわかるメリット・デメリット

joysongさんの「【待望のモトローラ最新スマホ‼】Motorolaのエントリーモデルスマートフォン「moto g24」を徹底レビュー‼」を参考にメリット・デメリットをまとめてみました。

メリット

  • 価格が手頃でコストパフォーマンスが高い
  • RAMブースト機能で最大16GBまで拡張可能
  • 5,000万画素のメインカメラで鮮明な写真が撮れる
  • ステレオスピーカーで臨場感ある音質を提供
  • MediaTek Helio G85チップセット搭載で十分なパフォーマンス
  • Motorola独自のジェスチャー機能で操作が簡単

デメリット

  • 5G非対応
  • おサイフケータイ非対応
  • 重めのゲームにはパフォーマンスが不足する可能性がある
  • 高級スマホと比較するとディスプレイ品質が劣る
  • 一部ユーザーにとってはデザインがシンプルすぎる可能性がある

端末補償を安くする方法

スマートフォンの利用中に故障や破損が起こることは避けられません。そこで、端末補償を安くする方法を紹介します。補償を受けることで、高額な修理費用を抑えられますよ。

まず、キャリアや販売店が提供する端末補償サービスを利用する方法があります。例えば、楽天モバイルやワイモバイルでは、月額数百円で加入できる補償サービスがあります。このサービスに加入することで、故障時の修理費用や交換費用が大幅に割引されます。新しい端末を購入するよりも、はるかに経済的です。

各社の端末補償料金/月額補償内容
IIJmioスマホ安心パック550円故障・破損・盗難・水濡れなどの補償
ワイモバイル安心保証パック660円故障・破損・盗難・水濡れなどの補償
楽天モバイルスマホ交換保証プラス715円故障・破損・盗難・水濡れなどの補償
モバイル機器保険(提供会社による)300~900円会社によって異なる、主に故障・破損などの補償
楽天市場スマホ安心パック(楽天モバイルと同様)715円故障・破損・盗難・水濡れなどの補償
Yahoo!スマホ保証540~940円故障・破損・盗難・水濡れなどの補償
ヤマダのモバイル保険500~700円故障・破損・盗難・水濡れなどの補償
ノジマモバイル安心保証540円故障・破損・盗難・水濡れなどの補償
ビックカメラのスマホ保険660円故障・破損・盗難・水濡れなどの補償
コジマのスマホ保険660円故障・破損・盗難・水濡れなどの補償
ヨドバシスマホ保険660円故障・破損・盗難・水濡れなどの補償

次に、クレジットカードの付帯保険を利用する方法です。一部のクレジットカードには、購入した商品に対する補償が含まれていることがあります。この場合、スマートフォンをクレジットカードで購入することで、自然と補償が適用されます。具体的な補償内容や条件はカード会社によって異なるので、事前に確認しておくと良いでしょう。

さらに、家電量販店の独自サービスもチェックしましょう。例えば、ヨドバシカメラやビックカメラなどでは、独自の延長保証サービスを提供しています。これに加入することで、通常の保証期間を延長でき、修理や交換の際にかかる費用を抑えることができます。

最後に、自己負担を抑えるために、予防策を講じることも重要です。画面保護フィルムや耐衝撃ケースを使用することで、物理的なダメージを減らせます。これにより、補償を利用する機会自体を減らすことができます。

以上の方法を活用することで、端末補償を安く済ませることが可能です。事前にしっかりと対策を講じて、万が一のトラブルに備えておきましょう。

モバイル保険で端末補償を節約

モバイル保険の公式サイト

モバイル保険を活用することで、端末補償の費用を大幅に節約できます。まず、この保険の特徴を理解することが重要です。モバイル保険は月額700円で、年間最大10万円までの補償が受けられます。修理費用が全額補償されるため、予期せぬ出費を避けることができます。

項目内容
保険料月額700円(非課税)
補償端末数1契約で最大3端末(主端末1台、副端末2台)
補償内容外装破損、損壊、水濡れ全損、故障、盗難に対する補償
保険金額主端末:修理可能時最大100,000円、修理不能/盗難時最大25,000円
副端末:2台合計修理可能時最大30,000円、修理不能/盗難時最大7,500円
補償対象端末日本国内販売のメーカー純正無線通信端末
登録時に破損などがなく全機能が正常に動作するもの
新規取得から1年未満またはメーカー/通信キャリアの有償補償サービス加入端末
保険金請求WEBで簡単申請
事故端末の写真、修理報告書、領収書またはレシートが必要
提携修理店での修理マイページからの事前申請でキャッシュレス修理が可能
補償範囲通信端末本体の機能に対する修理(表示装置、フレーム、マイク、スピーカー、カメラ、操作ボタン、コネクタ、バイブレータなど)
補償範囲外の一例サービス利用料や送料等の手数料、データ復旧、内部点検費用や修理報告書等の書面発行手数料、システムのアップデートなど
免責事項故意・重大な過失、法令違反による損害、置き忘れや紛失、日本国外での損害、対象端末の欠陥による損害、メーカーの瑕疵による故障など
登録機器の変更マイページよりいつでも変更可能(ただし、削除した端末の再登録は不可)

例えば、スマートフォンがポケットから落ちて画面が割れた場合、修理費用は高額になることが多いです。通常ならば数万円かかる修理費用も、モバイル保険に加入していれば自己負担なしで修理が可能です。このように、日常生活で起こりうる「うっかり」の故障にも対応しています。

さらに、モバイル保険は最大3台の端末を補償対象とすることができます。スマートフォン以外にも、タブレットやワイヤレスイヤホン、ノートパソコンなど、Wi-FiやBluetoothに接続可能な機器も対象となります。これにより、一契約で複数のデバイスをカバーでき、家族全員のデバイスを保護することも可能です。

このようにモバイル保険を利用することで、修理費用を気にすることなく安心して端末を使い続けることができます。端末補償の費用を節約しながら、大切なデバイスをしっかりと守ることができるのは、大きなメリットです。

ぜひモバイル保険を検討してみてくださいね!

moto g24を安く買う方法について総括

この記事のポイントをまとめておきます。

  • moto g24の最安値はLIBMOの端末セットキャンペーンである
  • LIBMOでMNP乗り換えすると端末代金が20,000円割引になる
  • LIBMOのキャンペーンでmoto g24が一括1円で購入可能
  • LIBMOのなっとくプラン契約で最大2万円の割引が適用される
  • IIJmioではMNP乗り換えでmoto g24が1,980円で購入できる
  • mineoでのmoto g24の販売価格は19,800円である
  • イオンモバイルでのmoto g24の販売価格は20,680円である
  • NUROモバイルでのmoto g24の販売価格は19,800円である
  • QTモバイルでのmoto g24の販売価格は21,120円である
  • 各キャリアの詳細なキャンペーン内容は公式サイトで確認する必要がある

moto g24が一括1円!!!

LIBMO スマホ大特価セール

が期間限定の端末セットキャンペーンを実施中!!

LIBMOスマホセール_2406

なっとくプラン契約でスマホ大特価

  • 対象スマホが最大2万円割引
  • 一括1円スマホで気軽にスマホデビュー!
  • 安い料金プランで維持費の負担軽減

契約プランによって割引額が変わるので詳細は公式サイトで確認してください。

※キャンペーンは予告なく終了することがあります

\ 期間限定の大特価セール /

リンク先:

moto g24を安く買う方法

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
タップできるもくじ